4回目の渓流釣り・・・老眼は辛いよ  4月1日

28日の増水&濁流から3日経ち流れが落ち着いた頃と思い出かけて見た。
現地には4時50分着。
身支度をしている間に明るくなったので、5時15分に歩き出し・・・
渓の降り立ったのは5時50分。

流れは澄んで、普段の2~3倍の水量。
最高の好条件。DSCN7930.JPG

一年前に白内障の手術を受けた。
翌日から遠視が改善されて車の運転が眼鏡なしでも支障なくなった。
ただ、老眼が進んで近くが見えない。
遠近両用メガネを新調したが、足元が浮き上がって見難い。
河原の石が現実と違く見えて、つまづいたり空足を踏みそうで怖い。
餌を付ける度に眼鏡を付け外し・・・あ~面倒くさい!!
裸眼でブドウムシとミミズは付けられるが、川虫は無理( ^ω^)・・・(;^ω^)😢


最初の一投でヒットしたが、痛恨のバラシ( ^ω^)・・・(;^ω^)😢
気を取り直して遡行を続けた。
時々、チビ岩魚が釣れたりしたが、殆どが20~25センチ。
狙ったポイントでは確実に釣れて良い気分。

DSCN7933.JPG

DSCN7931.JPG

DSCN7935.JPG

DSCN7937.JPG

DSCN7940.JPG

一昨年、尺岩魚を釣り落した滝つぼに差し掛かかった。
リベンジを期して慎重に仕掛けを投入したが・・・チビ岩魚も釣れなかった(涙、😢)。DSCN7939.JPG

ふと気が付くと対岸にカモシカが居る。
安物デジカメでは上手く撮れなかったが、こちらを向いて私を観察している。DSCN7927.JPG

DSCN7928.JPG

他にも、鹿がピーピーと鳴きながら斜面を駆け上がるのを目撃。
河原ではカワガラスの夫婦が飛び交い、ミソサザイのさえずりが美しく聞こえる。

11時に制限(20匹)に達したので、河原でのんびりと昼食を摂って退渓。
気温はこの時期にしては高くて、おそらく16℃。
気分最高!幸せな時間だった。

車に戻る時、熊谷から来たと言うお父さんに出会った。
雑談しながら一緒に歩いたが、私等以外にも二組の釣り人が居たらしい。
この渓は、時々釣り雑誌に紹介される人気河川なので仕方ない事です。

帰途中の山道で自爆事故に遭遇。
事故直後のようだ。
運転者が無事なのか心配になり、停車して声をかけたが、怪我はなかったとの返事。
救急隊にも連絡済とのことなので、渋滞に巻き込まれない内に立ち去ることにした。DSCN7941.JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント